apollo卯弦界の魅力を語る

今回はapollo卯弦界の魅力を語ろうと

思います。個人個人を順次取り上げて

最後apollo卯弦界の話をしようと

 

思います。まず私ラタタップから

 

子供時代お囃子、青年時代ドラム

オッサンになってからカホンや

ジャンベをはじめた打楽器奏者

 

伴奏の打楽器、表現の打楽器と

それぞれ違う畑を渡り歩き

 

ながら伴奏と表現を合わせた奏法を

オリジナルの奏法として使用する。

 

最大の特徴はビート、フィルイン

供にドライヴさせる事、演奏中

 

ドゥルルルとかドゥルタタみたいに

ダブった音が沢山入っているが

 

ドラマーがスティックでやる

マーチング技術を素手でやっている。

 

指をピアノの様に使って32分音符

以上の連打をする奏法があるが、

 

ラタタップは指を使わない。

全て手自体を打面に当ててドライヴ

 

させる。理由は音量を出す為と言う

事と腕の自然な回転、流れから打音

 

を繰り出したい為でもある。

打楽器演奏の所作を舞踊と捉えると

 

エンタメ的にもこの奏法はとても理に

かなっている。

 

 

 

 

 

山下健悟(やましたけんご)

山下徹(やましたとおる)

山下dope商店

 

兄、山下健悟はワイゼンボーンタイプの

ラップトップスティールギターをただ使う

 

だけではなくルーパーでループさせ、

エフェクトもふんだんに使い、その表現

 

世界を構築している。自他供に認める音楽

オタク、リズムジャンキーである。

 

弟、徹は自由奔放に動き回る兄の音の補完や

エフェクト等縁の下の力持ち的役割を

 

はたしている。この2人がapollo卯弦界に

存在する事で、三味線が主旋律の和の音楽が

 

『 どこかの惑星にある日本みたいな国の音楽 』

だったり、『 和orld music 』 等という

 

新しい音楽のキャッチコピーを連想させる。

では、ワイゼンボーンギターとジャンベは

 

合うのだろうか?音楽として成立するのか?

ラタタップの項目も踏まえつつ動画で見て

 

いただきたい・・・

 

 

 

卯月清介(うづきせいかい)

まだ私が青年時代でドラムをやってる頃から

彼は三味線を弾いている。昨今流行している

 

ジャンルボーダレスやクロスオーバー等

よりももっとグッと津軽民謡などの伝統芸能

 

の世界観や奏法を維持しつつ新しい世界を

構築している。安易にクロスオーバー化

 

させない彼の音楽観から出てくるメロディー

メイクは山下健吾、山下徹、ラタタップが

 

そこを基軸に自由に動く事が出来る様に

なっている。実際、三味線とジャンベって

 

会うものなのか、音楽として成立するのか

・・・聴いてもらいたい・・・

 

 

どうでしょうか?これらの楽器が全て合わさって

apollo卯弦界が構築されています。LIVEを生で

見ていただきたいので短いですが、これまでの

解説も踏まえてapollo卯弦界です。ドーゾ

 

 

 

さて、apollo卯弦界のLIVEを生でご覧に

なりたくなったあなた!LIVE・・やります!

一番直近のLIVEは相模大野cafetumuriのライブ

です。facebookのイベントページに詳細が

ありますので見て見て下さい。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

photo by eqsoup
<< Latatap ( ラタタップ ) 自己紹介 | main |














関連記事